ウトウ

天売島へ行って来ました。
ウトウは島の湾内でも容易に見ることができました。
例年、島に営巣するウトウが夕方魚を持って巣穴に戻る姿を見ていたが
今回は海に出てチャーターボートから観察・撮影することができました。

●湾内で出遭ったウトウ
c0070654_2013291.jpg
●岩礁の上に多数集まっているのは珍しいことです
c0070654_20135456.jpg
●日暮れになると雛が待つ巣へ戻る
c0070654_20141547.jpg
●飛翔(猛スピードです)
c0070654_20143194.jpg
●雛のもとへ急ぐウトウ
c0070654_2014469.jpg

by matsu_chan3 | 2010-06-29 16:50 | 野鳥 | Comments(20)
Commented by ぶらり at 2010-06-29 17:16 x
今度は天売島ですか。
行動範囲が広く、頭が下がります。
ちょっと気になったのですが
夜の飛翔は高感度で撮れたのですか?
フラッシュは野生動物には御法度ですよね。
違っていたらごめんなさい。
Commented by matsu_chan3 at 2010-06-29 17:47
●ぶらりさんこんにちは
全ての野鳥に対してフラッシュは禁止しされていないでしょう。
このウトウは50~100万羽がこの島にいるので観察する人・
島民、北大ウトウ研究員の人たちもライトを照らして観察してます。
特に禁止されていないと思っています。詳しくは知りません!
Commented by mink330 at 2010-06-29 17:55
すばらしい写真を見せていただきました。
船から見るのも最高でしょうね~

私もだいぶ昔に見たことがありますが、その頃は写真を始めたばかりでピンぼけもいいところでした。
実際に見ると凄いですよね~
親鳥の必死さが伝わってきます。
Commented by matsu_chan3 at 2010-06-29 18:01
●minkさんへ
こんばんは
例年天売島へ行きウトウなどの撮影を楽しんでいます。
イカナゴやオオナゴなどを雛の餌として運ぶが今回は
どうしたことかほとんどが魚を咥えていなかった。
きっと雛がまだ小さいのかもね・・
Commented by ぶらり at 2010-06-29 18:30 x
気分を悪くされたのなら申し訳ありません。
色んなサイトの記事や、私の考えるところ
夜間、野生動物にフラッシュを浴びせてはいけないと思っています。
目の構造上、光を調節する絞りがありライトをつけている分には
目の絞りがライトに合わせることができますが、
フラッシュは目つぶしをするみたいなものと思います。
特に夜間飛行する野鳥の目は高感度センサーのようなもの
フラッシュを浴びると、視界が真っ白になり、
ダメージは少なからずあるかと思います。
実際、森でフラッシュを浴びせたことにより
木に衝突して怪我をしたり、
道路に飛び出しトラックに当り、悲しい結果になったという
記事を読んだことがあります。
Commented by ぶらり at 2010-06-29 18:30 x
長文申し訳ありません、続きです。

私たち野鳥を撮影するものは純粋に野鳥を観察している人から
悪いイメージで見られていることが多々としてあります。
それは、野鳥の生活より綺麗に写真を撮ることのほうが
優先順位が高い人がいるためだと思います。
野鳥の視界でカメラを構えるだけで
野鳥に対してストレスを与えているかもしれません。
せめて、野鳥の生死や生活に影響のあることは
できるだけ避けて、撮らせてもらおうと
私は思っています。
次の世代でも鳥好きの人たちが、野鳥を観ることができるように。
Commented by 梅ちゃん at 2010-06-29 19:33 x
お帰りなさい。天売島に行って来たんですね。
ウトウは撮りたいと思ってもなかなか簡単に撮れるものでは
ないので、何時もmatsuさんの激写で楽しませていただいて
います。
今ウトウの数は増えているんでしょうか?気になるところです。
Commented by matsu_chan3 at 2010-06-29 19:45
●梅ちゃんへ
こんばんは
ウトウは毎年増えているようで50万羽と記憶していたら
雛が誕生すると100万羽にはなるだろうと現地プロ写真家
が話してくれました。
Commented by piyokococo at 2010-06-29 20:11
matsuさん、おかえりなさいませ♪
ウトウ沢山居るのですね。
自然が豊富で、沢山繁殖して嬉しい限りですねヽ(*゚∀゚*)ノ
ウトウさんの飛ぶ姿、とってもキュートです♪
でもこれを撮るのは難しそう、、、。matsuさん、お見事です!!
貴重なお写真、ありがとうございます☆
Commented by じいちゃん先生 at 2010-06-29 20:58 x
岩礁の上のウトウは、初めて見ました。おまけにこんなにたくさんで・・・・子育てに忙しい毎日でしょう!
この子育ての光景いつ見ても感動しています!ありがとう
Commented by matsu_chan3 at 2010-06-29 21:28 x
● piyokococo さんへ
海鳥は漁業用の網にかかり死ぬことが多いけど島での
繁殖はすごいものがあります。
真っ暗では撮影できないが薄暮のときに戻ってくるので
その僅かなチャンスを活かしています。
Commented by hokkaido-tairiku at 2010-06-29 21:28
天売島にいらしてたんですね、すごい行動力ですね!
しかも船をチャーターして撮影するとは気合入ってますね。
その甲斐あって素敵な瞬間を撮られたと思います。
ご苦労されて撮られた写真を家でのんびりと拝見してしまって
なんか申し訳ないような・・・^^;
Commented by matsu_chan3 at 2010-06-29 21:31 x
●じいちゃん先生へ
こんばんは
ウトウが岩の上で休むこともあるのですね。
私も初めてみましたよ!(^_-)-☆
Commented by matsu_chan3 at 2010-06-29 21:35 x
● hokkaido-tairiku さんへ
あはは お天気にあわせて行動してます。
どの野鳥も子育て中で撮影する方も忙しいです(^_-)-☆
Commented by souu at 2010-06-30 06:21 x
鳥って暗くっても見えるのですね。
鳥目って何なんでしょう?
海にも鳥はたくさんいるのですね。
Commented by sakura-sakuharu at 2010-06-30 08:02
天売島へ行ってらしたんですね。matsu_chan3さんはどこへ
行かれたのかナ~って、主人と話していたんですよ。あちこち好きな
所へ出かけられ、ステキな写真を撮って、いいね~っていつも言って
るんですよ。ウトウも初めてみます。野鳥たちは皆、子育てに、
一生懸命ですね。けなげですね。いつも、珍しいのを、見せて
貰い、有り難いです。
Commented by tkumaso at 2010-06-30 09:41
こんにちは。
今度は天売島だったのですか、すごい行動力ですね、
暗いところを猛スピード飛ぶウトウをよく写されましたね、
明るいところでも飛翔を写すのは難しいのに・・・
すてきな写真を有難うございます。
Commented by matsu_chan3 at 2010-06-30 14:12 x
●souuさんへ
天売島のこの地区は灯台などの明かりで回りは明るい時に
戻ってきます。海から上陸するだけで道路にバタバタと降りて
きます。地元の人は車を細心の注意をはらって運転していました
Commented by matsu_chan3 at 2010-06-30 14:16 x
● sakura-sakuharu さんへ
毎年こちらに来ては海鳥などを撮って楽しんでいます。
ウトウは年々生息範囲が広くなったそうです・・増えています。
Commented by matsu_chan3 at 2010-06-30 14:20 x
●tkumasoさんへ
こんにちは
灯台の下からウトウたちが一気に飛んできます。
真暗なときじゃなく薄暮と同時に帰ってきますよ!
真っ暗じゃピントも距離も合いませんね(^_-)-☆
名前
URL
削除用パスワード
<< ケイマフリ ・ ウグイス ノビタキ >>