オオハクチョウ ・ シジュウカラ

石狩遊水池にオオハクチョウが数十羽やってきました。  
長旅の疲れを癒しているような白鳥達でした

●オオハクチョウ
c0070654_12444345.jpg
●シジュウカラ
c0070654_12464253.jpg
●季節の野草花・・ツルウメモドキ
c0070654_12474197.jpg

by matsu_chan3 | 2010-10-17 12:53 | 野鳥 | Comments(12)
Commented by tkumaso at 2010-10-17 16:24
こんにちは。
冬鳥が続々とやって来ているのですね、
室蘭の港にもキンクロハジロの群れが旅の疲れを癒していました。
このシジュウカラは赤い実を食べに来たのかな。
Commented by fpbird at 2010-10-17 16:36 x
いよいよ
冬の使者の到着ですね!

信州にはオオハクチョウが少ないので羨ましい~
Commented by matsu_chan3 at 2010-10-17 16:40
●tkumasoさんへ
そろそろ冬鳥も集結するころでですね。
マガン・ヒシクイと共にカモ類も見れるようになりました。
小鳥の冬鳥はまだ見つけられないですがカシラダカなどの
旅鳥は群れでやって来ています。
Commented by matsu_chan3 at 2010-10-17 16:43
●fpbirdさんへ
紅葉が遅れているから冬鳥の到着はどうか心配しています。
大形の鳥は来ているが小鳥はまだのようです!
Commented by 梅ちゃん at 2010-10-17 16:53 x
何時も花とか赤い実とかを野鳥とうまく組み合わせて見事に撮
っておられるので、何とか私もそういう構図で考えているので
すが上手くいきません。
特にツルウメモドキのような赤い実は冬間近を感じます。
Commented by consadole5310 at 2010-10-17 17:39
話がひとつ前の長都沼に戻りますが… ウトナイ湖や静内でも95年頃から毎年マガンが越冬しているのですね。昨シーズン静内では117羽 ヒシクイも1羽が越冬したそうです。年々越冬地が北上しているのはやはり温暖化の影響でしょう。 羅臼でのスケソウの漁獲量が減ってきて オジロワシはその越冬地を全道に広げたらしいですね。10年ほど前までは 旭川では生ゴミを埋め立てていたのでその周辺にオジロワシやオオワシが多数越冬していました。 旭川で越冬するオオハクチョウも増えつつあるのでしょうか…。
Commented by matsu_chan3 at 2010-10-17 18:45 x
●梅ちゃんへ
こんばんは
野鳥が花などの近くを飛んでいるとしばらく粘っていることが
大切ですね。チャンスは突然やってきます。
Commented by matsu_chan3 at 2010-10-17 18:51 x
● consadole5310 さんへ
こんばんは
静内川は冬でも凍らないのでヒシクイなどは越冬できます。
オジロワシは石狩でも留鳥となっているのが4~5羽いるようです。
夏でも茨戸方面で見ています。 
またオオワシとオジロワシは網走湖でも繁殖していましたね。  
Commented by piyokococo at 2010-10-17 19:32
OH!オオハクチョウ、やってきましたね♪
羽繕いをしながら、長旅の疲れを癒しているようですね。
白鳥の居る水辺 とても好きです。。
福島の猪苗代湖へはもう来ているようなのですが
こちらはまだのようです。楽しみに待っています^^
Commented by hokkaido-tairiku at 2010-10-17 20:33
オオハクチョウもやって来ているんですね。
これからは葉も落ちてきて、森の鳥たちも見やすくなりますね^^
Commented by matsu_chan3 at 2010-10-17 20:50 x
● piyokococo さんへ
こんばんは
少しずつ南下するだろうからもうしばらくお待ちください!
純白のハクチョウは綺麗ですよね~!
Commented by matsu_chan3 at 2010-10-17 20:52 x
● hokkaido-tairiku さんへ
こんばんは
これからもっと白鳥たちに出会えると思います。
冬鳥もこれからやって来るから楽しみです!
名前
URL
削除用パスワード
<< カシラダカ ヒシクイ >>