ムクドリ

原始林近くでエゾノコリンゴに集まる野鳥を観察しています。
先日はスズメやカラスまでやって来たが今日はムクドリとヒヨドリです。
まっ赤に熟したエゾノコリンゴは甘みを増してきた(味見しました)ので
小鳥達のご馳走となっている。

●ムクドリ
c0070654_19505776.jpg
c0070654_195194.jpg
c0070654_19512110.jpg
●ヒヨドリ
c0070654_19533143.jpg
●余市岳
c0070654_20144145.jpg

by matsu_chan3 | 2012-11-15 14:10 | 野鳥 | Comments(14)
Commented by 梅ちゃん at 2012-11-15 14:52 x
エゾノコリンゴが真っ赤に実って、小鳥たちにとってはこの上ない
御馳走のようですね。ヒヨドリがムクドリに「ここは私の場所!この
赤い実は全部私のもの」って言っているのかな?
冬帽子の余市岳が冬到来を知らせてくれているようです。
Commented by kanmyougam at 2012-11-15 14:54
ヒヨドリもムクドリも賑やかに鳴いて群れるトリですね。
エゾのこリンゴ赤い実が熟して美味しいのですね。
野鳥の好物なんですね。

Commented by matsu_chan3 at 2012-11-15 16:55
●梅ちゃんへ
こんばんは
ナナカマドの実はまだ熟していないのでエゾノコリンゴが現在のご馳走ですね。 
ヒヨドリはピーピーとうるさく鳴いては独り占めしようとしてました(^_-)-☆
Commented by matsu_chan3 at 2012-11-15 16:56
● kanmyougamさんへ
こんばんは
そうなんです・・ヒヨドリはうるさいですよ!
人が食べるにはまずいが小鳥達にとってはご馳走です(^_-)-☆
Commented by nenemu8921 at 2012-11-15 18:20
わあ、美味しそう!!
ムクドリになりたい!!
エゾノコリンゴですか!!
すごくきれいですね。
こんな背景だったら、どんな鳥でも、画になりますね。(^.^)
Commented by matsu_chan3 at 2012-11-15 18:38
●nenemu8921さんへ
こんばんは
決して美味いものではないですが小鳥たちにとってはご馳走です。
長い時間観察していると色々な小鳥やカラスまでやって来ました。
Commented by kimiko_shibata1 at 2012-11-15 19:41
おいしそうなエゾノコリンゴですね。
ヒヨやムクは大勢でやってきますから大変ですね。
余市岳もずいぶんと白くなりましたね。

子連れのミコアイサ、いいシーンですね。
Commented by matsu_chan3 at 2012-11-15 20:00
●kimiko_shibata1さんへ
こんばんは
エゾノコリンゴの木は10本ありますが毎日小鳥たちが群れで来て
食べ尽くします。残り2~3本も時間の問題かも・・(^O^)/
Commented by mink330 at 2012-11-15 20:49
エゾノコリンゴの陰に隠れて鳥が見えないほどですね。
自然の恵みは素晴らしいですが、これも数に限りがありますね~
そろそろ札幌にも初雪が・・・ですね。
Commented by hokkaido-tairiku at 2012-11-15 20:50
こんばんは♪
鳥たちはたくさんのご馳走を目の前にして嬉しいでしょうね。
これから餌の少ない季節になりますから、
今のうちに栄養をつけて欲しいですね^^
Commented by matsu_chan3 at 2012-11-16 05:51
●mink330さんへ
おはようございます
凄い数の実がなっているがムクドリたちは群れで来て
食べ尽くすから驚きました。
これを食べ尽くす頃にナナカマドの実が熟してくるでしょう!
Commented by matsu_chan3 at 2012-11-16 05:59
●hokkaido-tairikuさんへ
おはようございます
ムクドリたちの食欲は旺盛ですね!
もうすぐ雪が降り食料も少なくなるから今のうちだね \(^o^)/
Commented by fpbird at 2012-11-16 08:43 x
見たことがない木の実です〜

素敵な山の幸ですね〜
鳥たちも大喜び^_^
Commented by matsu_chan3 at 2012-11-16 15:31
●fpbirdさんへ
こんにちは
コメントありがとうございます
だんだん食料となる実も無くなってくるからたいへんですね(>_<)
名前
URL
削除用パスワード
<< ウミウ 他 ミコアイサ >>