野幌森林公園

野幌森林公園の「開拓の村」では友人のカメラマンが写真展を開いたので行ってきました。テーマは「エゾフクロウ」で朝から数人の友人関係が集まり「フクロウ談義」に沸いた。四季を通してフクロウを撮り続けた忍耐に敬意を表しますね。会場は開拓の村の入村ゲートに当る建物で多くの観光客も立ち寄ってみておりました。
●展示会場
c0070654_1713180.jpg
c0070654_172321.jpg

フクロウ写真を見てため息をつきながら中央線コースへ散策してきました。オオヤマサギソウはまだ早くツボミの状態、ツチアケビとトモエソウが元気に咲いていた。トモエソウは以前より減ったようで咲いている場所が限られているのが気がかりです。
●ツチアケビ
c0070654_17102438.jpg

●トモエソウ
c0070654_1710533.jpg

森林公園内も蒸し暑くしつこくつきまとう「ブヨ」を払いのけ、汗だくになっていそいそ退散しました。
by matsu_chan3 | 2005-08-01 17:17 | 野生動物 | Comments(4)
Commented by sirakaba11 at 2005-08-01 17:54 x
トモエソウ...今の時期なんですね。土アケビも綺麗な花ですね。一寸変わっていて...原始林内では結構目新しい花が見かけられ名前を見つけるのに苦労しております。写真展の方もいってみたいが暫く暇がありません。孫達とキャンプに行く予定です。
Commented by kata716 at 2005-08-01 19:34
素晴らしいフクロウの写真展拝見いたしましたよ
主催者のカメラマンと開拓村の弊店までゆっくりと
フクロウ撮影のポイントを教えていただきました。
Commented by mink330 at 2005-08-01 22:10
私も必ず見に行きます。楽しみです。

matsuさんも、今に写真展を開くほど、エゾフクロウを撮っているのではないですか?
Commented by matsu_chsn3 at 2005-08-02 05:24 x
私にはとてもとても写真展はできませんよ。ズブの素人でカメラの機能をまだ理解できていないものですから・・情けないけどね。新システムでこれからが勉強と実地訓練が要求されます
名前
URL
削除用パスワード
<< エゾフクロウの子供と親 エゾフクロウ雛の面白い動き >>