クサノオウとオトギリソウ

原始林内では夏の花から秋の花に変わろうとしています。クサノオウも6月ごろから咲きましたが今や終わろうとしています。またオトギリソウは小野幌川沿線でも見られますがこの花も日中だけ開花します。しかしながら多くの花は夕方には花を閉じるものが多いようですね。
●クサノオウ
c0070654_14193844.jpg

●オトギリソウ(弟切草)
c0070654_14214669.jpg

by matsu_chan3 | 2005-08-07 14:28 | 野草花 | Comments(3)
Commented by sgr813 at 2005-08-07 18:57
凄いカメラですね。細い白いヒゲ?がはっきりと見えます。後方がぼかしてあるので、花が際立って綺麗に見えます。
Commented by mink330 at 2005-08-07 19:28
sgrさんに同感。やはりカメラの威力はすごい。
オトギリソウは傷薬になりますか?

夏の花を見に行く暇もないうちに、もう今日は立秋です。
早いな~。
Commented by matsu_chsn3 at 2005-08-08 07:21 x
うわ~申し訳ないです! まだ新カメラは慣れていないので時々撮影して勉強中です。このときは以前のカメラなのです。
もともとマクロ専用レンズは使用せず葉っぱまで写すことにしていました。(図鑑的撮影)
名前
URL
削除用パスワード
<< ツチアケビとネジバナ  海水浴 >>