自然観察会

今日は自然観察会で原始林近くの小野幌川沿線を歩きました。動植物専門の方々から名前のみならず詳しい生態や成育状況などを説明していただきました。小さな川にも色々な生き物がおり、その昔は蛍も沢山いたと地元の人が話しておりましたが蘇ってくれるといいなと思いました。
ドジョウやクロナガオサムシなどが生存している川や森は他にも多くの生き物がいることを意味する目安となるそうです。
c0070654_20522221.jpg

c0070654_20524415.jpg

by matsu_chan3 | 2005-08-09 20:56 | 野生動物 | Comments(3)
Commented by mink330 at 2005-08-09 21:50
どじょうがいたんですか?蛍もかつてはいたのですね。
小野幌川に蛍が飛び交うなんて、夢のような話ですが、そのような活動をしているグループはいないのですね。

よく、どこそこに蛍を・・・なんてがんばっている方々のこと、耳にしますが・・・
Commented by sgr813 at 2005-08-10 07:19
ドジョウは小川で良く見かけましたが・・・最近はあまり居ないんでしょうか?そういえば川の縁を歩く事がなくなり川を覗く事もなくなりましたね。

蛍は清田区役所の裏で毎年7月下旬に『ホタル鑑賞会』が開かれています。ビニールハウスの様な中に放し飼いされていて夜になると子供連れのグループが観賞していました。でも川で飛び交うホタルを見たいですね。
Commented by matsu_chsn3 at 2005-08-10 08:14 x
子供のころよく見た蛍はいなくなりました。あのような幻想的、神秘的な光を放つ蛍の復活を期待したいです。当面は無理でしょうね。
名前
URL
削除用パスワード
<< 原始林の花 ツチアケビとネジバナ  >>