ネジバナとオオヤマサギソウ

原始林も残暑。暑い森の中は樹木にさえぎられ風が通らない蒸し暑い一日となりました。開拓の村近くでは大きく成長したネジバナ(ラン科)を見つけました。開拓百年記念塔側から森林公園に入るとオオヤマサギソウ(ラン科)が咲いている。例年より少なく感じたが元々少ないランの一種です。9月に入るとアケボノソウというリンドウ科のきれいな花を楽しめます。
●よくねじれている「ネジバナ(ラン科)」
c0070654_22112959.jpg

●オオヤマサギソウ(ラン科)
c0070654_221241.jpg
c0070654_2211377.jpg

by matsu_chan3 | 2005-08-17 20:16 | 野草花 | Comments(3)
Commented by sgr813 at 2005-08-17 20:44
本当によく捻じれている「ネジバナ」ですね。(笑)
「どうしたの?」って、花に聞いて見たいですね。
Commented by mink330 at 2005-08-17 21:28
ネジバナも場所によって大きさが違うのですね。
オオヤマサギソウは優雅なランですね。
見て見たいです。ほんとにサギが飛んでいるみたい。
Commented by matsu_chan3 at 2005-08-17 22:15
それでも中にはネジバナと呼べないほど捻じれていない素直なものもありますよ(^0_0^)
名前
URL
削除用パスワード
<< 独りぼっちになっちゃった エゾフクロウの独り立ち >>