リオン(ゴマノハグサ科)とメマツヨイグサ

昨日、リオンを見たのは初めてでした。花の名前も知らず、珍しい花の形で「何故森の中にあるのか」と思いホームページで調べていましたら一昨日は友人のブログでも紹介されていました。多くの場所で見れる植物ではないでしょうが、北アメリカ産の帰化植物で耐寒性多年草「ゴマノハグサ科」に属するものと図鑑にありました。
●リオン(別名:ジャコウソウモドキ)・・・南区石山地区にて撮影
c0070654_11125458.jpg

●メマツヨイグサ 
この花が散り始めるころから紅葉が目立つようになります。夕方咲き翌朝しぼむことから名づけられたが、最近は昼間でも咲いているものが多くなっているのはどうしてだろうか。夕方「パッ!」と音を立てて花びらが開くのが面白いのにね。
c0070654_1322880.jpg

by matsu_chan3 | 2005-10-08 13:24 | 野草花 | Comments(3)
Commented by niwa2saku87 at 2005-10-08 17:34 x
リオン 3・4年前園芸店から買ってきました。
少し前まで庭の片隅でヒッソリ咲いてました。
リオンって野の花だったのですね(●'ω'●)ん?
Commented by 梅ちゃん at 2005-10-08 17:34 x
いつもお邪魔はしているのですが、ご挨拶は初めてです。ヨロシク!
小さな植物でも地球の変化を何らかの形で教えてくれているということじゃないいのかな!?ふとそんな気がしました。
Commented by sgr813 at 2005-10-08 18:58
リオンって珍しい花なんですね。matsuさんのブログの写真は野草で私が知らないものばかりなんです。何時も図鑑を見ている気持ちで見させて貰っています。
名前
URL
削除用パスワード
<< オオハクチョウ アカゲラ >>