厳しい掟

この時期メスが抱卵中なのでオスが魚を獲ってはメスへ運ぶ。ところが異変が見られた。既に親離れしたと思われた昨年誕生の若がこの川にやってきたのです。親鳥(オス)は子供を追い払おうと威嚇するが子供は川から離れようとしない! すごい形相で睨み合う親子のシマフクロウをご覧ください

●昨年誕生の子供がやってきました
c0070654_9454540.jpg
●オス親鳥(左)は抱卵中のメスのために漁にきました・・子供と鉢合わせ!
c0070654_946051.jpg
●親鳥は子供を威嚇する
c0070654_9461372.jpg
●魚場から離れようとしない若鳥
c0070654_9464092.jpg

by matsu_chan3 | 2007-04-10 17:56 | 撮影旅行 | Comments(22)
Commented by skimama at 2007-04-10 18:50
息をのみ拝見してます。
生きるための戦いなのですね!
その厳しさ・・・matsu 先生のレンズを通して、生きとし生けるものの姿が、如実に現されています。
そしてさらに美しい!
ラストのお写真のすごさは・・・
嶋田忠さん以外にこんなに美しいコタンクルカムイを見たことがありませんでした!
精悍な眼差しは、どこか哀しみも秘めているようにも見えてしまいす・・・
Commented by sgr813 at 2007-04-10 19:19
親子で餌のために戦うんですか?
自然界は凄いですね。
両方とも目が鋭いです。若は親を超えたんでしょうか。
親鳥の方も必死ですよね・・・メスが待っているんですから。
Commented by mink330 at 2007-04-10 19:39
すごい写真ですね~
動物のテレビを見ていると、厳しい掟があり、見ていてつらいことがあります。ライオンなどもそうですが、まさにこのシマフクロウもそうなんですね。そしてメスは必死で子育てをします。人間の子供への虐待のニュースを見るたびに、動物はなんて健気なんだろうといつも思ってます。
Commented by matsu_chan3 at 2007-04-10 19:51 x
skimamaさん
自然界は厳しいですね。子供は独り立ちをして新天地に行かねば
なりません・・いつまでも親と一緒というわけには行きません。
Commented by matsu_chan3 at 2007-04-10 19:53 x
sgr813さん
体の大きさではほとんど同じですね。
私たちは足環の色で区別できるんですよ(^_-)-☆
Commented by matsu_chan3 at 2007-04-10 19:56 x
minkさん
このような親が子供を追い払う光景は他の野鳥でよく見ることがありますよ・・アカゲラなどでね。
Commented by mitchi-jul at 2007-04-10 21:04
生きる厳しさを感じます。こうして生きる知恵を得、外敵から
身を守るのでしょうね。
でも、漁をとられた無念さが見えるようです。
この4枚目・精悍な感じのお写真が私のお気に入りです。
Commented by matsu_chan3 at 2007-04-10 21:08 x
mitchi-julさん
この時期親子のシマフクロウを撮れると思っていませんでした。
若鳥はもう「独り立ち」して他の地区へ行ったと思っていたからね・・
Commented by hokkaido-tairiku at 2007-04-10 21:44
今日の写真もすごいですね。テレビでもこんなシーン見た事ありません
威嚇する親鳥の眼光が野生を感じさせますね。
こんな素晴らしいシーンをものに出来るなんて羨ましいです^^
Commented by bela flor at 2007-04-10 22:53 x
とっても切ないですが、自然界の掟ですからしょうがないのですねー
親の眼光がとっても厳しく、怖い感じがします。
その後の若と親はどうなったのですか?
Commented by m-yok at 2007-04-11 01:00
記憶違いかもしれませんが、
シマフクロウのメスは比較的生まれた場所近くに
留まりやすかったと思ったのですが・・・どうなんでしょう?
流石にオスメスかどうかは分かりませんよね、スイマセン。
野生フクロウを、しかも、シマフクロウを見られるなんて羨ましいです。
Commented by kata716 at 2007-04-11 05:11
おはよう御座います
物凄い迫力を感じますね
この続きはシマフクロウの格闘シーンが見たいですね
Commented by matsu_chan3 at 2007-04-11 07:11 x
hokkaido-tairikuさん
こんな場面に出会ったのは幸運でした。
体が大きくなった子供に手を焼くのは人間とよく似ていますね。
Commented by matsu_chan3 at 2007-04-11 07:13 x
belaさん
暗闇で目が輝くので本当に怖いなぁと思いましたよ。
ファインダーを覗いていて興奮しました。
Commented by matsu_chan3 at 2007-04-11 07:17 x
m-yokさん
シマフクロウは環境省ですべて管理しているので足環の色で識別されます。
抱卵中はオスが餌を運ぶのでメスを川で見ることはできませんでした。
Commented by matsu_chan3 at 2007-04-11 07:19 x
kataさん
おはようございます
威嚇して追い払うと距離をおくだけで取っ組み合いの格闘はないの
ではと思っています・・そう願っています(^_-)-☆
Commented by pulala-2 at 2007-04-11 08:18
自然界で生きることの厳しさを感じます。
野生の眼は険しいけど美しいですね。
matsu_chanさんの素晴らしい写真に感動しました!
Commented by tkumaso at 2007-04-11 11:01
これはスゴイ!シーンですね、
実の子でも巣立って行けば自分の縄張りは
別の場所に作らないとだめなのですね、
自然界のきびしい掟ですか。
いつまでも親のすねをかじっているパラサイトシングル
は野鳥に笑われますね。

 ↓ 早速アニメーションのスピード遅くして頂き
    大変見やすくなりました。 
Commented by matsu_chan3 at 2007-04-11 14:27 x
pulalaさん
野生動物の目はみんな綺麗ですね。
私の目とは大違い!・・白内障の気があるようですから
Commented by matsu_chan3 at 2007-04-11 14:31 x
tkumasoさん
独り立ちすると自分でテリトリーを新規に作らなければなりませんね。
近年親離れ、子離れができない人間が多いので考えさせられました。
Commented by m-yok at 2007-04-12 00:27
スイマセン・・・言葉足らずで。
オスは独り立ちすると、巣より遠くへ行くと思ったので、
この幼鳥はメスなのかなと思った次第です。
Commented by matsu_chan3 at 2007-04-12 07:53
m-yokさん
コメントありがとうございます
私も詳しくは知りませんのでいつも現地の方に教えて貰っています(^_-)-☆
名前
URL
削除用パスワード
<< キタキツネとエゾシカ シマフクロウ >>