<   2005年 09月 ( 26 )   > この月の画像一覧

ヤマセミ

ヤマセミを撮りに川辺に出かけた。現場についてカメラをかついて歩いていたら突然ヤマセミの声が聞こえ、周りを探したら対岸側の流木の上にいました。初めての対面なので慌ててカメラのシャッターを切ったが何とか3枚撮れました。野鳥は落ちつかずすぐ飛び去るので撮影に苦労しますね。新人カメラマン(私)の初のヤマセミですがもう少しよいポーズや背景を期待したいですね。また探しに行ってきます。
●ヤマセミ(体長はおよそ38cm・・小型のハトくらいですね)
c0070654_16372058.jpg
●冠羽が独特ですね
c0070654_16431331.jpg
●川へダイビング、ホバリングして飛び込むこともあるそうです。
c0070654_16494483.jpg

by matsu_chan3 | 2005-09-30 17:04 | 野鳥 | Comments(5)

初秋

久しぶりに白旗山へハイキング。白旗山の手前でコスモス畑があり、きれいに咲いていました。秋だな~  キノコ採りに来ていた人に聞いてみたが、今年のキノコは「あまり採れない! 暖かい気温が続いているから・・」とのこと。そういえばハイキング中に見るキノコの種類も少ないと感じています。
●コスモス畑
c0070654_18295290.jpg

●フッキソウの実
c0070654_18232542.jpg
●コブシの実
c0070654_18244945.jpg
●クサギの実
c0070654_18361935.jpg

by matsu_chan3 | 2005-09-29 18:41 | 野草花 | Comments(8)

大雪高原晩秋の花

大雪高原は紅葉が進み早くも晩秋を思わせる季節となりました。朝晩が冷え込み花たちはほとんど枯れているなかでエゾウサギギクなどが頑張って咲いていた
●エゾウサギギク(標高1500m地点にて)
c0070654_181644100.jpg
●ミヤマリンドウ
c0070654_1817653.jpg
●真っ赤に紅葉したウラジロナナカマドと実
c0070654_2117104.jpg
●エゾオヤマリンドウ
c0070654_18174488.jpg

●オオバタケシマランの実 c0070654_18184364.jpgc0070654_18222715.jpg          ●エンレイソウの実
c0070654_18213858.jpg
    こんな大きなヒグマに襲われたらオシマイだね。
by matsu_chan3 | 2005-09-28 12:06 | 野草花 | Comments(5)

大雪高原登山

大雪高原の沼めぐりに行ってきました。「ヒグマ情報センター」で登山届けと同センターのレンジャーから最新のヒグマ情報に関するレクチャーを受けてから登山開始となりました。毎日の「ヒグマ情報」が壁に掛けてあるマップにびっしりと記載されていた。従って今日は高原沼(標高約1500m)までの登山が許可されその先はヒグマ出没の為進めずこの地点で引き返すことになった。標高1500m地点の高原沼までは狭い登山道でかなり急な登りとなるが途中いくつかの沼があり、全てが紅葉で包まれすばらしい光景でした。勧告の午後15時までに下山し、高原山荘の温泉は最高に気持ち良かった。
●連山の標高1600m辺りには万年雪の雪渓が見えました
c0070654_9333785.jpg
c0070654_9334841.jpg
c0070654_934189.jpg
c0070654_9341416.jpg
c0070654_9494614.jpg

c0070654_1074750.jpg
●明日は「大雪高原」秋の花を紹介します
by matsu_chan3 | 2005-09-27 10:18 | 野生動物 | Comments(13)

羅臼でみた花

知床の付録です。 色々歩いていると珍しい花にも会いました。
●羅臼岳ふもとで見つけた植物「ダイモンジソウ(大文字草)」は、花びらの一枚が長く、花の形が大の文字を描いたようにみえますね。
c0070654_2240185.jpg
●羅臼海岸近くの洞窟の中にある「ヒカリゴケ」
c0070654_22411290.jpg
結構広く生育しておりました。過去に比較的小さな規模のものはよく見ましたがここのヒカリゴケは規模が大きいです。

●今日は朝早くから大雪山のふもとまで撮影兼ハイキングに行ってきます。紅葉が見頃と思いますので明日のブログで紹介します。但しヒグマが多く出没するところなので気をつけて行ってきます。鈴をジャリン、ジャランと鳴らしながら・・・
by matsu_chan3 | 2005-09-26 05:58 | 野草花 | Comments(5)

丹頂鶴

知床を離れ釧路へやってきた。鶴は子育て中で人里離れたところにしかいない。遠くの空を見ていたら白い鳥が遠くの上空をとんでいるではありませんか。飛んでいる方向へ車を走らせ、農道に入ったら牧場近くの茂みから独特の鳴声が聞こえてきました。早速迷彩服に身を固めブッシュの中に入り込み声のする方へ進んだ。

c0070654_211214100.jpgc0070654_2114436.jpg幼鳥は気配を察し茂みに隠れる 

多分親鳥の指示





●じ~と茂みに隠れていたら気づかず(?)に近くにやってきた親鳥
c0070654_2141214.jpg

c0070654_21411339.jpg

c0070654_21412329.jpg
●30分後には茂みの中に消えていった
c0070654_2141341.jpg
●子供
c0070654_21414514.jpg

知床・道東の旅は無事終了した。初めて経験した野生動物の撮影旅行は満足しました。次回は来春にターゲットをおき再度自然を見つめてみたい。 
by matsu_chan3 | 2005-09-25 15:20 | 野鳥 | Comments(7)

鮭釣り

知床は自然遺産が満載。海もサケやカラフトマスが大量に河口にやってくる。近くの海岸では釣りをする人に声をかけてみた。僅か2時間でこの大漁! すごいですね。
c0070654_2025495.jpg
●重さを量ったら4.5kgはありました。こんなに釣れて面白いのでヤメられない!とのこと。
c0070654_20251871.jpg
●釣り人の近くでは自分にも分けて欲しいと近づく鳥達がいたc0070654_20253824.jpgc0070654_20255197.jpg







●この鳥はアオサギと思いますが海岸で海魚を捕るアオサギは初めてみました。結構大きい魚も丸呑みしていました。
c0070654_20275239.jpg

by matsu_chan3 | 2005-09-24 20:42 | 野生動物 | Comments(5)

シマフクロウ

ヒグマの撮影後シマフクロウの撮影の為移動した。夜の移動はエゾシカと遭遇するので安全運転をしなければなりません。それでも衝突しそうなぐらい道路の中央を悠然と歩いているので夜の運転は疲れました。シマフクロウはいつも魚をとるところが決まっているようなので、川の近くで徹夜をして待ち続けました。8時過ぎから鳴声が聞こえてきた。「来るぞ!」緊張して待ちました。やってきたのは、3羽の一家族でした。子供はまだ魚を捕れず、「フイーフイアー腹減った!」とばかりに鳴き親にねだる仕草が面白い。またこの日の朝方午前2時頃には狩の仕方を夫婦で教えているようで3羽で川の水面をじ~っと見つめていた。親が手本を見せるが子供は水を怖がるように拒み、狩はできなかった。ガンバレ!と心の中でつぶやいたものです。
c0070654_18254782.jpg
●親が魚をくわえてやってきた
c0070654_18255681.jpg
●親から魚を貰い大喜びの子供
c0070654_1826677.jpg
●親の魚捕りをじーっと見つめる子供
c0070654_18261646.jpg
シマフクロウは総数130羽が確認されているが内80羽ほどが「知床」にいる。80羽のうちの3羽を観察して撮影できたことに大満足しました。シマフクロウは卵を1個しか生まないようなので繁殖が乏しい。頑張って立派に成長することをひたすらに祈っています。
by matsu_chan3 | 2005-09-23 18:47 | 野鳥 | Comments(5)

知床のヒグマ

山でのヒグマ探しは余りにも危険なので海へでて、ヒグマが河口近くでサケを捕りにくるのを狙うことにした。今朝の目撃情報をもとにエンジン全開! 半島では何箇所も滝や川が海とつながっている。サケが遡上する川を目指した。そこにヒグマがいるはずだから。

c0070654_17372637.jpgc0070654_17374236.jpg






●いた~ 崖から海岸へ向かっているぞ!
c0070654_17323347.jpg
●足元を確認しながらゆっくりと降りてきた
c0070654_17334999.jpg
●岩の上も平気で歩いてくる。河口へ向かっているのだ!
c0070654_1734272.jpg
●サケが遡上しているのをよく知っている。サケが大好物だから・・。
c0070654_1733971.jpg

近くには漁師の番屋がある。ここでは漁師もヒグマも敵対心はない。互いに無視し合うことで共存しているようです。よほど腹がすわっていなければここには近づけないと思いました。超望遠レンズを構え、ボートは揺れるし、ピントがとどまらないなかでようやく念願の撮影にこぎつけた。本来なら5~6頭が見れるポイントには時間帯が悪かったのか一頭も現れなかったのが残念でした。 またの機会を楽しみにします。
by matsu_chan3 | 2005-09-22 18:09 | 野生動物 | Comments(8)

知床シリーズ

知床レンジャーの方々に詳しい説明を聞いてから、熊探しは夕方まで情報を基に走り続けたがポイントでは現れなかった。ヒグマは2時間ごとに行動し、2時間ほど休息するらしいので長い時間粘って待つと出遭えることになる。全国的には熊の総数が減少しており、駆除されることで絶滅危惧されているのです。結局この日に出遭ったのは、野鳥「エゾビタキ」と「エゾシカ」でした。
c0070654_96311.jpg
●エゾビタキ
c0070654_965484.jpg
●エゾシカ
c0070654_971192.jpg
●争い?
c0070654_983084.jpg
●雄鹿は雌とは別行動でした。
c0070654_984313.jpg

明日は海にでて海岸のヒグマを探すことにして早速クルーザーを予約。ベテラン船長が案内してくれるので楽しみだ!
by matsu_chan3 | 2005-09-21 17:58 | 野生動物 | Comments(8)