エゾフクロウの子供達

昨日までは巣立ち前の雛を観察してきたが、以前に見つけた別の雛達は大きくなっているだろうと思い探してみた。原始林で育ったフクロウの子供達は元気に飛び回っていましたよ。親と共に狩の訓練などを教わるOJT(on the job training)の時期ですがそんな訓練前の子供達3羽を見つけた。この子達は巣立ちから6週間位でしょうか尾羽も大きくなり飛ぶには充分で写真を撮り終えるとすぐ近くの高い木へ飛び移り、身を隠しました
c0070654_16432076.jpg

c0070654_16433430.jpg
上2枚で3羽の兄弟
c0070654_16435042.jpg
これからはこの子達とは出会うことは無く一人前となり元気に原始林内を飛び回ることでしょう。 最初に見た大沢口の雛3羽は既に大きくなり見つけることはできなくなっています。次は彼等が結婚するのを見たいものですね。そして子供達を育てる・・・(^0_0^)えへへ 楽しみ!
# by matsu_chan3 | 2005-07-07 17:13 | 野鳥 | Comments(2)

エゾフクロウの巣立ち

エゾフクロウの巣立ちに立ち会う機会がありました。雛がウロから出ようとして何度も下から登ってきては落下する。まだ足に力がないようですね。何度か繰り返してやっとウロ出口にたどり着きまわりを見渡してから外に出た。ウロの中が汚いのか雛の身体は汚れていたが外に出ると天然のシャワー(雨)できれいになりましたね
c0070654_19103163.jpg
●びしょぬれのフクロウ雛
c0070654_19105580.jpg
朝から雨がふり連続3日間の観察を終了しました。また来週観察を続けます
# by matsu_chan3 | 2005-07-06 19:30 | 野鳥 | Comments(10)

フクロウ雛の表情

巣立ち前の雛は産毛で覆われぬいぐるみのようでもあり、タレ目ちゃんはパンダにも似ていますね。
c0070654_202374.jpg

c0070654_20232536.jpg
c0070654_20234929.jpg
c0070654_2024834.jpg
親は近くの木の上から相変わらず雛を見守っていましたね。多分メス親でしょう。頑張れ雛達!
# by matsu_chan3 | 2005-07-05 20:27 | 野鳥 | Comments(4)

エゾフクロウのヒナ

ほとんどのエゾフクロウのヒナは巣立ち、森を飛び回り、私達には見つけにくい高い小枝に止まることが多い。そんな中で未だ巣立ちしていないフクロウの赤ちゃんを見つけた。ウロから今にも出たいとしぐさをして回りを見渡している。孵化後4週間ぐらいでしょうか? まだ2~3日はウロにとどまり親から餌をもらうことでしょう。なんとも珍しい写真を撮る事ができました。
●少しタレ目ちゃんですね
c0070654_19265473.jpg
●初めてみる世の中
c0070654_1927916.jpg
●おっとと落ちそうになった!
c0070654_192724100.jpg

c0070654_20314153.jpg
しばらく観察をするのに絶好のチャンスですね。
# by matsu_chan3 | 2005-07-04 19:35 | 野鳥 | Comments(8)

オニノヤガラ(ラン科)

ラン科のオニノヤガラの花が咲き始めました。一昨日朝はあったオニノヤガラが盗掘された! なんということだ! 午後再確認しにでかけたら見つからないのです。近年サイハイラン・トケンラン・ノビネチドリ・サルメンエビネ・オニノヤガラとランの盗掘被害がでている。心無いひとが盗んで家の庭で育てようというのか。花は環境の違いから決して喜ばないのだ! 怒りがこみ上げてくるのは私だけではない。毎日ウオーキングしながら花を楽しむ花愛好家もたくさんいるのです。盗掘防止の立て看板もない森林後援管理者も無防備かもしれない 憩いの森として大切に保護してゆきたいものです。(`´)
●盗掘されたオニノヤガラ(記念塔~瑞穂池分岐点間)7/1撮影
c0070654_7133035.jpg

●立派なオニノヤガラ(四季見コース)
c0070654_7163377.jpg
盗掘されないことを祈ります
# by matsu_chan3 | 2005-07-03 14:56 | 野草花 | Comments(8)

カラスの幼鳥(ヒナ)

カラスといえば厄介者扱いされ人間には嫌われる。しかし頭のよさは抜群。燃えるゴミの収集日をちゃんと知っているかのように集まってくる。我々人間はインターネット・新聞・テレビなどで情報を収集するが彼らの情報源は何だろう? カラスの回覧板があるわけないのに・・・ そんなカラスも子供のうちは人を怖がり、低い木にとまり親が餌を運んでくるのを待っていた。カメラを向けると「イヤダ~」とばかり後ろ向きになる。ヒナのうちは純な面をみせるがそのうち多くを学び賢くなっていくのだろう
c0070654_75481.jpg
体つきは親鳥並みだがまだ独りでは餌をとれず親から貰っていた。
c0070654_76932.jpg

# by matsu_chan3 | 2005-07-02 13:56 | 野鳥 | Comments(5)

コウホネとヒツジグサ

遊歩道が倒木の為ふさがっている箇所もあり少々難儀したが荻野の池ではコウホネがほぼ満開、雨竜沼湿原でみたことがあったが原始林内の池にもこんなにあるとは思いませんでした。
来週は満開となるでしょうね。
●コウホネ
c0070654_18281795.jpg

ヒツジグサは登満別のパークゴルフ場近くの沼で静かに咲いていた。水連と思っていたらヒツジグサが正式名称とか・・夕暮れには花はとじることから「睡蓮」と呼ばれたそうです。
●ヒツジグサ(睡蓮)
c0070654_1835189.jpg

# by matsu_chan3 | 2005-07-01 18:39 | 野草花 | Comments(6)

ツチアケビとサカネラン

原始林ではラン科のツチアケビとサカネランを見つけました
c0070654_1744134.jpg
ツチアケビは開花にはまだ早く今年は倒木でダメかなと思いましたが無事ツボミをつけていました。 ほっ!
開花の頃と種がはじけるころが楽しみなんですね(左画像)


ツチアケビ (モミジコース)
c0070654_17102211.jpg

サカネラン(地味ですがこれでもランです)
c0070654_1731778.jpg

# by matsu_chan3 | 2005-06-30 17:19 | 野草花 | Comments(4)

初めまして!

今日新たにフクロウの雛達(3羽)を見つけました。移動する関係上偶然遭遇するのも超ラッキーという以外にありません。この春に誕生したフクロウの雛を確認できたのは8羽を数えましたが順調に育って欲しいと祈るばかりです。親は近くにいたかも知れないが確認できなかった。巣立ち後40~45日くらいと思われるが産毛に包まれた雛はなんともかわいいです。2羽がお互い近くにおりもう1羽だけが別の木に止まっていたので3羽揃っての記念撮影とはならなかった。昨日撮影した3羽とは2km以上離れているので別家族であることには間違いない。なんとも幸せで~す。また会いに行くからねと一声かけて帰宅しました。
最初は2羽を発見
c0070654_16122255.jpg

これが3羽目
c0070654_16124057.jpg

最初の1羽目がおすまし顔でしたね。
c0070654_1613487.jpg

# by matsu_chan3 | 2005-06-29 16:23 | 野鳥 | Comments(9)

大きくなったでしょう

巣立ちから約30日、随分大きくなりました。顔はまだ幼いが体つきは前回見たときより一回り大きくなったようだ。食欲旺盛で親鳥は大忙しだろう。雛達は無邪気に遊びまわり、メス親は近くで見守っているのです。多分オス親は疲れて静かな木陰で一服しているか、狩をしているかな~ 徹夜で狩をしている親も昼間は休まなくてはね!
お疲れさまと声をかけてあげたいね。
少し遊んだ後一休みする雛達(3羽)大きくなったでしょう!(合成)
c0070654_14472430.jpg
無邪気に遊ぶ雛
c0070654_14444449.jpg

ブランコして遊ぶ雛
c0070654_1452129.jpg
じっと雛達を見守るメス親鳥 「いいかげんにして昼寝しなさい!」
c0070654_1482980.jpg

# by matsu_chan3 | 2005-06-28 14:15 | 野鳥 | Comments(5)