我が町厚別区の秋

厚別区は江別市、北広島市と森林公園をはさんで隣接しています。中央区よりは標高差があり紅葉も早くから見られるところです。森林公園には原始林があり深緑のエゾマツやサクラ・ナナカマド・モミジなどが色鮮やかに変化してきている。自然豊かな大都市札幌で毎日こんなきれいな紅葉を楽しめるなんて幸せですね。
●家の近くに見る紅葉
c0070654_14584230.jpg
c0070654_1459374.jpg
 
c0070654_150489.jpg

# by matsu_chan3 | 2005-10-15 15:16 | 野生動物 | Comments(9)

航空機

先日に千歳空港近くで着陸する飛行機を狙って撮影してみました。カラフルな飛行機を待っていたが残念ながらチャンスはありませんでした。またの機会に挑戦してみたいですね。パイロットも写せたらいいな
●JAL
c0070654_17102293.jpg
●ANA
c0070654_17103981.jpg
●航空自衛隊
c0070654_17105297.jpg
●JAL
c0070654_171144.jpg

# by matsu_chan3 | 2005-10-14 15:22 | 野生動物 | Comments(10)

【訂正】チュウサギ

おわびで~す
10/10の投稿で「ダイサギ」と紹介しましたが中形のチュウサギと思いますので訂正してお詫びします。comments頂いた方々には誠に申し訳ありませんが訂正していただけますようお願いいたします。昨日確認の為再度撮影してきました。やはりこれはチュウサギで「ダイサギ」は関東以南が生息分布と思われます。
●チュウサギ
c0070654_2256214.jpg
●明日も天気にな~れ!
c0070654_22571941.jpg

# by matsu_chan3 | 2005-10-13 11:31 | 野鳥 | Comments(7)

サケ・マスの産卵

千歳川上流でサケやマスが産卵の為遡上していた。どのくらい登ってきたのだろうか、身体はボロボロ、見ていて痛々しい。それでも雄雌が一生懸命川を登る。もう産卵したのか泳ぎに元気が無いのです。もうすぐ天命を待つことになるのでしょう。
c0070654_205256.jpg
口から泡を出しながら必死で泳いでいた
c0070654_2051198.jpg
おきな口を開けてあっぷアップだ!ガンバレ!!
c0070654_204283.jpg
写真はサクラマスでしょうか? 自分は魚のことは知らないのです。(~_~;)
# by matsu_chan3 | 2005-10-12 20:15 | 野生動物 | Comments(4)

ヒシクイ

大形のガン「ヒシクイ」も遠くシベリアから戻ってきました。お疲れさん!
c0070654_1524795.jpg
c0070654_15254314.jpg
c0070654_15262881.jpg
c0070654_15263836.jpg

# by matsu_chan3 | 2005-10-11 17:08 | 野鳥 | Comments(9)

チユウサギ

サギ類では中形のチュウサギもやってきました。本来は北海道まで来なかったが最近は温暖化のせいかウトナイ湖にもやってきていました。この沼はウトナイ湖に近いだけに色々な野鳥がやってくるのです。ヒシクイなどは沼の水量が例年より少ないため飛来してきても着水しないでウトナイ湖方面へ引き返す現象がみられた。「やれやれくたびれもうけだ!」千歳川から沼に流れるところの橋が工事中で水をでせき止めているのが要因と地元の人が言っていました
●チュウサギ
c0070654_761059.jpg
c0070654_762076.jpg
c0070654_763166.jpg
●突然近くの水面から巨大(1m以上はありそう)魚が跳ねた! 
 あまりの大きさにチュウサギも「これは食えんな!」と驚き顔 
c0070654_752560.jpg
この水しぶきと魚の頭の大きさをみると驚くほどの大きさですね。  頭が丸い形なので「巨大ナマズ」かな? 謎は深まります????

拡大したら黒くなっている部分は口の中でしたので魚が大きく口をあけているショットでした。
# by matsu_chan3 | 2005-10-10 16:13 | 野鳥 | Comments(8)

オオハクチョウ

長都沼にオオハクチョウがやってきました。幼鳥も連れてきて羽を休めている様子を見ていると何かしらほっとするものです。4000km以上も離れたシベリアから飛んできたのだから「ご苦労様」と声をかけずにいられませんでした。また次の中継地(新潟ー八郎潟)へ飛び立つのはいつだろうか? 「ごゆっくり!」して欲しいが冬将軍が来る前までには体力をつけ、疲労回復しておかねばならないのだから大変ですね。 
c0070654_19384848.jpg
c0070654_1939212.jpg
c0070654_1939143.jpg
c0070654_19392764.jpg

# by matsu_chan3 | 2005-10-09 19:51 | 野鳥 | Comments(4)

リオン(ゴマノハグサ科)とメマツヨイグサ

昨日、リオンを見たのは初めてでした。花の名前も知らず、珍しい花の形で「何故森の中にあるのか」と思いホームページで調べていましたら一昨日は友人のブログでも紹介されていました。多くの場所で見れる植物ではないでしょうが、北アメリカ産の帰化植物で耐寒性多年草「ゴマノハグサ科」に属するものと図鑑にありました。
●リオン(別名:ジャコウソウモドキ)・・・南区石山地区にて撮影
c0070654_11125458.jpg

●メマツヨイグサ 
この花が散り始めるころから紅葉が目立つようになります。夕方咲き翌朝しぼむことから名づけられたが、最近は昼間でも咲いているものが多くなっているのはどうしてだろうか。夕方「パッ!」と音を立てて花びらが開くのが面白いのにね。
c0070654_1322880.jpg

# by matsu_chan3 | 2005-10-08 13:24 | 野草花 | Comments(3)

アカゲラ

札幌の南区にユニークな名の山があった。藤野マナスルという名前でした。どんな山かと登ってみたら確かに急勾配の山だったのでこのような名前がついたのでしょう。山頂までは僅か30分。麓には地域小学生が造った野鳥の巣箱を沢山木にくくりつけられていました。ヤマセミも見れましたが残念ながら写真に収めたのは「アカゲラ」のみでした。
●アカゲラ
c0070654_1834787.jpg
●アカゲラは赤い舌のようなもので木の中の虫を捕らえます
c0070654_1835952.jpg
●やった~マナスル登頂・・標高312m (^_-)-☆
c0070654_1895583.jpg

# by matsu_chan3 | 2005-10-07 18:12 | 野鳥 | Comments(3)

撮影スタイル

今日はパソコンクラブの学習会があり原始林へは出かけなかった。天気も回復しているので明日からまた出かけることになるでしょう。読者からどんな格好して撮影しているの?なんて質問もありましたのでお答えします。 
森の中に入って撮影するときは、上から下まで迷彩色、またカメラ周りも迷彩柄の布地(防水)でカモフラァージュします。野鳥は人間とは比べ物にならないほど目がよく少しの動きに反応します。またレンズを向けただけで人の存在がバレてしまいます。プロカメラマンなどはテントを張り人物・カメラを完全に隠して撮影していますね。恥ずかしながらご披露しました(^0_0^)
c0070654_11484352.jpg

アングルファインダーやリモコンシャッターは欠かせない小道具です。
# by matsu_chan3 | 2005-10-06 12:00 | 野生動物 | Comments(8)